Wedding Theme
こだわりをかなえた
ふたりらしい和洋折衷ウエディング

お酒好きなふたり
挙式は豊國神社で厳かな神前式

お酒を飲むことが大好きというおふたり。結婚式には日ごろおふたりとお酒を楽しむゲストも多くお招きすることから、さまざまなアイデアを出して工夫され、みなさまが楽しめる演出やプログラムをご準備くださいました。
結婚式当日は、凛とした白無垢を纏った豊國神社での神前式から始まり、披露宴ではウエディングドレスへお色直しされるなど、おふたりの衣裳も見どころでした。ここからしか見られないアングルの大阪城を望む特別なロケーションや、貸切で利用いただける披露宴会場など、和でも洋でも映える「大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館」の魅力を存分に活かされた、笑顔あふれる結婚式をかなえられました。

挙式は、当館からすぐそばにある豊國神社で執り行われました。新婦さまは白無垢姿に身を包み、新郎さまは凛々しい紋付き袴姿。参列されるゲストのみなさまと鳥居をくぐり、境内を花嫁行列で進まれる姿はまさに圧巻。その様子を見守る観光客の方から祝福の言葉を受けながら、神殿へと向かわれました。そして、厳かな挙式を終えられたおふたりは、人力車で大阪迎賓館に移動。緑あふれる道中で記念撮影など、特別な時間を心ゆくまで楽しまれました。

威勢の良い鏡開きと焼き印入りの枡で乾杯!
ふたりらしい演出にゲストも大盛り上がり

オープニングムービーで披露宴がスタートし、紋付き袴と艶やかな色打掛でご入場された新郎さまと新婦さま。大きな拍手とともに迎えられ、新郎さまのウェルカムスピーチ、ご親族からのご挨拶に続いて、鏡開きを取り入れられました。お酒好きとあって、かわいらしい焼き印入りの枡もご準備されたおふたり。威勢の良い掛け声とともに開き、まずおふたりの婚姻届の証人としてサインされたゲスト2名にお酒を振舞われ、続いてゲストのみなさまの枡にも次々とお酒が注がれました。全員に行き渡った後、晴れやかな音頭とともに乾杯! 和の雰囲気に満ちた、フォトジェニックなワンシーンとなりました。

披露宴の中盤、新婦さまは弟さまを、新郎さまは妹さまをエスコート役としてご指名されご中座。お色直し入場では、新郎さまが先にご登場され、ゲストのみなさまから祝福の言葉とともに深紅のバラを集められる「ブーケストーリー」でご入場されました。続いて、「この曲で結婚式の入場をするのが夢だったんです」とお話しくださっていたBGMとともに、お父さまのエスコートでご入場された新婦さま。これまで白無垢、色打掛と艶やかな和の衣装でお過ごしだった新婦さまは、シンプルで上品なウエディングドレスにお召し替えされました。神前式ではかなわなかった、お父さまと歩きたいという想いをかなえられた感動的な瞬間でした。

結婚式ではゲストのみなさまとゆっくり過ごす時間を大切にしたいという思いからお料理も選りすぐり、包みを開けて、立ち上る香りを楽しんでいただく「カルタ・ファタに包んだ季節の魚(金目鯛)シェフとのコラボレーション」や、黒毛和牛ロース肉のグリエなど、食材の豪華さにもこだわられたおふたり。締めには平目の出汁茶漬けを振舞われ、お酒好きなゲストのみなさまにもご満足いただけるよう、工夫されていました。デザートビュッフェでは、デザートに加えておつまみもたくさんご用意され、ゲストのみなさまも大盛り上がりとなりました。

プランナーより

改めまして、ご結婚誠におめでとうございます。お打合せからご当日まで、いつも笑顔で仲良しなおふたりから、沢山の幸せをいただいておりました。ご結婚式当日はアメニティやお料理にもおふたりらしさが表れ、ゲストのみなさまも大変楽しんでくださっていましたね。おふたりの担当をさせていただけましたこと、心から光栄に思います。またぜひ、大阪迎賓館に遊びにいらしてください。末永くお幸せに!

Information

挙式月 2019年6月
挙式スタイル 豊國神社 神前式
人数 53名様

お問合せ

─ Contact ─

来館・見学予約

TEL:0120-291-888
[受付時間]
平日:12:00-19:00、
土日祝:10:00-19:00

› ブライダルフェアの予約はこちら › お問合せフォームはこちら
資料請求
› 資料請求フォームはこちら
お問合せ

TEL:0120-291-888
[受付時間]
平日:12:00-19:00、
土日祝:10:00-19:00

› お問合せフォームはこちら

❊ 東京でも婚礼のご相談会・お打合わせを承っております

ジモコン 東京銀座サロン
東京都中央区銀座六丁目10番1号 
GINZA SIX 13階
TEL:0800-800-6457

詳しくはこちら